母乳外来

母乳は赤ちゃんにとって、最良の栄養であることは、よく知られています。

妊娠中は、ほとんどの方ができれば母乳で育てたいと望むのですが、どうしても粉ミルクなどの人工乳になってしまうこともあります。

それは、そのお母さんのせい?……。

いいえ、多くは適切な援助が受けられなかったことによります。

出産した病院の方針で、生後すぐ哺乳ビンでの授乳が開始されると、

うまくお母さんのおっぱいが吸えなくなることもあります。

また、母乳がよく出始めても、ミルクを足さないと不安になる方もいます。

スムーズに母乳育児をしている方でも、時に乳房が固くなって、しこったり、

分泌不足を感じたりすることもあります。

そんな方のご相談にのり、マッサージをしながら、

楽しい母乳育児ができる手助けをしたいと思います。

出産後まもない方や、来院が困難な方には、助産師がご自宅までお伺いする、

出張サービスも行っています。お気軽にお問い合わせください。


Q 乳房マッサージは必ず必要ですか?

A   乳房マッサージは「必ずしなくてはいけない」ということはありません。

 母乳によるトラブルの多くは、赤ちゃんが母乳を吸うことで治っていきます。

 分泌不足は、頻回に赤ちゃんが吸うことで、分泌を増やします。

 また、乳房のしこりも手当てをしながら

 最終的には赤ちゃんが吸うことで、しこりは取れていくことが多いのです。

 お母さん、赤ちゃん両方にとって母乳環境を整えるためにも、

 適切な助言と手当てを含んだ、サポートが大切です.


Q 赤ちゃんを連れていっても、いいですか?

A 授乳状態の確認のためにも、連れてきていただいた方がいいです。

   その際、赤ちゃんの体重測定もします。



★基本料金 3500円 

 初診料  1000円

 出張の場合+1500円~


★要予約

 2016年9月より

 月・木 10:00-14:00 (担当助産師 金谷)

 火・金 10:00-14:00 (担当助産師 月野)

 水・土 10:00-14:00 (担当助産師 金澤)


 ※時間については、相談の上変更可能です。